エレベーターを保守して安全対策をしておこう

エレベーター

二通りの契約方式がある

エレベーターは保守点検をすることが大切です。遠隔監視していれば何かエレベーターに異常があったときに、すぐに保守点検会社に連絡がいくことになっています。またPOG契約を結ぶことで、点検費用を安くすることが可能です。

エレベーター

業者の選定が重要です

多くの高層ビルがエレベーターの不具合を防ぐためにも、保守や定期点検が必要になります。点検業者は、メーカー系の会社と独立系の会社によって費用が異なるので、事前に確認しておく必要があります。

異常が起きないようにする

男女

点検内容は必ず確認する

エレベーターは高層の建物には絶対に必要な設備です。上下階の移動や荷物の持ち運びには特に重要になります。しかし、このエレベーターは常に点検をしておかなければ不具合が生じ利用する側にとっては、とても危険な設備となってしまいます。そこで、保守点検を毎月実施することが大切です。このエレベーター保守点検にはある一定の金額を支払うと、部品代等が含まれているフルメンテナンス契約があり、一方で保守点検や機器に使用する油等は含まれているもののPOG契約があります。料金はフルメンテナンスが高く、POGが安くなります。そのため、ビルのオーナーやマンション等の管理組合が個々に決めて行くことになります。また、エレベーターは日々使用されていますから、経年劣化で部品や重要なロープは取替が必要です。点検時に異常が発見された場合には直ぐに使用をやめて取替ましょう。また、最近では、遠隔監視によって点検会社と結ばれており、エレベーターの状態が判るようになっています。そのため異常が起きても、保守点検会社が直ぐに駆けつけて対応を出来る仕組みが確立されています。マンションでは毎月一定の修繕積立金等を徴収していますが、POG契約の場合には、外壁改修の時期と重なる場合には、エレベーターの部品を取り替える時期となり高額な費用を支払う場合があるので、フルメンテナンス契約で居住者の安全を考えて保守契約を結ばれた方が良いでしょう。特に最近では地震も頻発していますので、安心・安全な運用を心掛けた方がいいです。

作業員

住宅の安全は大切です

終活とは、人生の終わりをできるだけ良いものにするために色々と準備することです。終活は、本人だけでなく遺族においても有意義なものです。主なものとしては、もしもの時にために伝えておきたいことを書くエンディングノートなどがあります。その他にも、葬儀のあり方、お墓があげられます。遺族の負担を減らすために生前にお墓を用意する人が増えています。